在宅ワークのデメリット|在宅ワークなら会社にバレずに副業可能!兼業でお金を稼ごう

在宅ワークのデメリット

マグカップを持っている女性

普段の仕事と兼業して在宅ワークを副業として始める場合、そのメリット・デメリットを知っておく必要があります。
メリットについては先に触れましたから、ここではデメリットを見ていきましょう。

デメリット1:スケジュール管理は全て自分次第
在宅ワークを副業として選ぶと、そのスケジュール管理は全て自分次第になります。
例えばうっかりと短納期の仕事を大量に受注してしまっても、その責任は自分でとるしかありません。自分の仕事のスピードと仕事の流れをしっかりと把握し、仕事量と作業スケジュールを管理する必要があるのです。

デメリット2:普段の仕事に悪影響を及ぼす可能性もある
在宅ワークはあくまで副業のはずですが、うっかりするとのめり込んでしまう恐れもあります。
例えばつい張り切って夜遅くまで在宅ワークを頑張った場合には、次の日の仕事のパフォーマンスが落ちる恐れもあります。あくまで在宅ワークは「普段の仕事と兼業する副業」であると常に意識しましょう。

デメリット3:収入が安定しない
副業を始めて本来の仕事と兼業する目的は、やはり第一には収入があると思います。
しかし一般的な仕事とは違い、在宅ワークの多くは「出来高制」です。仕事を処理すればするほど、納品すればするほど報酬が出ますが、逆に言えばあまり処理できなかった場合には収入は減ります。

以上のように、普段の仕事と兼業して在宅ワークを始めるとデメリットもまた生じます。メリット・デメリット双方を理解した上で在宅ワークを始めましょう。

AAAA